神奈川県平塚市 社会福祉法人 翠福祉会 みどり保育所です。一時預かり保育・開放保育などおこなっています。

 

食育

 
 
 

食育

食育
 

生きていく上で「食べる」ということは 欠かすことのできない大切な行為です。

特に乳幼児期は、身体の発達やこの先の食習慣、食に対する考え方の基礎が身につくとても大切な時期です。
 
みどり保育所では、食の楽しさや大切さを自然に学んでもらえるよう、食育にも取り組んでいます。
   
オープンな調理室
 
みどり保育所の調理室は、みんなが必ず通る廊下からよく見える場所にあります。
子供たちの目の髙さでのぞくことができ、調理師たちと交流を持てるのはもちろん、「今日の給食は何かな?」「今は何を切っているのかな?」「これはどうやって作っているのかな?」など、給食やおやつへの興味につながっています。
 
 

バイキング方式

バイキング方式
 
 
みどり保育所では、2歳後半からは ランチルームに集まって食事をとり、異年齢との交流も図っています。
 
また、給食には『バイキング方式』を取り入れています。
 
バイキング方式といっても「好きなものばかり食べる」というのではなく、見本を参考にしながら 自分で食べられる量を決め、それを「残さずに食べること」につなげています。
 
 
出されたものを先生に減らしてもらう「マイナス」ではなく、食べられる適量を自分で「ブラス」していく事により、苦手な物でも『この一口だけは頑張ってみよう』『ちゃんと食べきれた』という達成感にもつながります。
 
 

行事食

行事食
 
 
行事食とは、季節の行事やお祝いの日に食べる特別な料理のことを言います。
季節の風物詩でもある「行事食」は 旬の食材を取り入れたものが多く、行事食を提供することで、伝統や文化への理解を深めています。
 

離乳食

離乳食
 
授乳は、保育士が抱っこをし 目と目を合わせながら行っています。
 
月齢や発達に応じ、調理法や量、素材などに配慮し、離乳食を進めています。
アレルギーの心配に関しては、基本的にご家庭で試したことのある食材を使って進めていきます。
 

アレルギー対応

アレルギー対応
 
アレルギーのある場合には、『保育所におけるアレルギー対応ガイドライン』に沿って、医師の診断書をもとに栄養士・担任・保護者が話し合い、除去食代替食などで対応していきますが、アレルギーによっては対応できない場合もありますので、ご相談ください。
 
また アレルギー対応の給食については、通常の給食と食器の色を替え、細心の注意を払っています。
 

栽培

栽培
 
園庭のプランターで様々な野菜を栽培しています。
水やり当番なども決め、育てる楽しさを知るだけでなく、収穫の喜びと 命をいただくことへの感謝の心を養っています。
 
また、収穫した野菜を使ったクッキングも楽しんでいます。
 
 
▲節分
 
▲6月のお誕生日会
 ロールケーキがカタツムリに変身!
▲6月のお誕生日会
 ロールケーキがカタツムリに変身!
 
▲ハロウィン
 給食室にもお化けカボチャが登場!
 顔はシールなので、楽しんだあとは給食に変身!
 
 
▲ピーマンやトマトなどの夏野菜も実を付けています!
 
▲七草がゆ
 
▲七草を包丁で切ってみました。
 
▲大塚山までよもぎ摘みに行き、よもぎ餅を食べました
 
▲ぺったん、ぺったん
みんなでお餅つき!
 
▲枝豆収穫!
 
▲みんなで収穫したピーマンを使って、ピザづくりにチャレンジ!
<<社会福祉法人 翠福祉会>> 〒254-0014 神奈川県平塚市四之宮1-8-92 TEL:0463-35-0015 FAX:0463-35-0808